給湯器の水道工事や修理が必要になるのは本体だけではない?

給湯器 修理が必要になるほどのトラブルは何が原因になっているのか気になりますし、どこで故障が起きているのかも知っておきたいところです。一般的に故障が起きやすいと言われている給湯器の場所を紹介します。

■給水のバルブが故障している

配管にある給水のバルブとは、給湯器をメンテナンスする際に使うところです。それ以外では、給湯器本体の中にある配管で水が漏れたときに、給水のバルブをしめれば水漏れのトラブルを一時的に回避することができます。このときバルブが閉められた状態なので一時的に水が使えなくなります。バルブが故障しているかどうかは水道工事専門業者に修理を依頼してチェックしてもらうことで確認できます。

■リモコンが故障することもある

給湯器を操作するためのリモコンが故障するケースもあります。リモコンが壊れると温度調節ができなくなりますし、自動でお湯を足すことも不可能になるのでとても不便です。リモコンの中でも特によく使うボタンが壊れやすいことも特徴のひとつかもしれません。リモコンを交換する場合は給湯器本体と合うかどうかチェックしておく必要があります。素人には難しい分野ですから、水道工事や水道修理の専門業者へ相談してみるといいでしょう。

■まとめ
給湯器 修理は本体だけでなく、リモコンや配管にトラブルが起こることもあります。どちらの場合も専門知識を要することになりますから、素人判断で直そうとしたり買いなおして後で後悔しないように注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ