給湯器のトラブルは配管にもある?水道工事専門業者に相談してみよう

素人にはなかなか分かりにくい給湯器の故障ですが、給湯器 水漏れなどの工事や修理となると専門業者の出番になります。手先が器用で力がある方が簡単に直せるものではなく、国で定めた資格をもっているものだけが工事や修理に携わることができます。

■給湯器が壊れる原因はどこにある?

給湯器がなぜ壊れてしまうのか、気になる原因ですがひとつには寿命があります。一般的に給湯器の寿命は10年前後で、このぐらいの年月が経っていると本体に使われている部品が老朽化によって壊れやすくなります。トラブルは水道工事専門業者に依頼しますが、10年以上経っている給湯器の場合は本体の修理よりも交換をすすめてくることが多いと言われています。それは無理な押し売りではなく、部品を交換してもまた別の場所で故障が起きることが考えられるためです。

■凍結による故障も考えられる

特に雪がたくさん降る地域は配管が凍結しやすく、その結果配管の中の氷が膨張して配管を壊してしまうこともあります。給湯器 水漏れが水道工事専門業者に依頼しなければならないのは資格が必要なこともありますが、配管の破損などは専門知識がなければ直せませんし、工事に必要な部品や道具も業者でなければ揃えられないためです。


■まとめ
給湯器が故障してしまう原因に寿命や凍結があると分かれば、それぞれの原因にあった修理や工事を検討することができます。凍結によって壊れてしまわないように、水抜きをして配管の中が凍らないようにすることも重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ