水道工事に携わる際に必要になる資格

水道 工事を依頼する場合、有資格者が在籍しているかどうかが優良業者を見極めるコツになります。どのような資格があるのか知っておくことで利用する業者を選ぶ際にも役に立つでしょう。配管工事に関する資格の一つとして配管工事施工管理技士や建築整備士があります。

■技術者を管理するために必要な資格

配管施工を行う際に、技術者を管理する立場になる人が持っておく必要のある資格です。施工管理はもちろんのこと、品質管理や安全管理も担います。配管施工の現場では必ずこの資格を持っている人が立ち会う必要があるので、在籍していない水道工事業者は利用してはいけません。配管工事施工管理技士には1級と2級があります。


■配管工事に必要な建築整備士

水道施工に携わる場合、いろんな場面で必要な資格がたくさんあります。そのひとつが建築整備士です。建築の設備工事を管理するだけでなく設計に対するアドバイスを行うことができます。建築の設備設計の中に配管の施工も含まれているので、水回りの工事や修理の際に必要となることがあります。取得してから1年以上の実務経験があると、主任技術者や専任技術者として働くことができます。


■まとめ
水道に関する業務を請け負っている専門業者がたくさんあるからこそ、有資格者が在籍しているかどうかはとても大事なことです。その工事に携わるときに必要な資格を持っている担当者が修理や工事をしてくれるのかあらかじめ確認しておくことは、不要なトラブルを防ぐためにも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ