水道工事の施工は有資格者が安心

水のトラブルが起きたとき水道 工事が必要になりますが、有資格によって修理や工事が行われるのが一般的です。有資格者による修理なら安心して任せることができます。どんな工事にどんな資格が必要なのか知っておきましょう。

■配管工事に必要となる資格とは

水道工事に関する配管施工に必要となる資格のひとつに配管技能士があります。この資格は国家資格のひとつで、技能士検定制度のひとつに位置付けられています。配管技能士にも種類があり、プラント配管作業、さらに建築配管作業があります。どちらも3級から1級まで段階が分かれていて、1級と2級は学歴そのほか実務の経験が必要とされています。


■配管技能士の資格を持っていると役立つこと

水道工事に関する配管施工技術を証明できるものなので、水回りに関する工事の際にも資格を持っていることで様々な仕事に携わることができます。水回りの水道 工事がなぜ素人自らやることを推奨されていないのかというと、専門的な知識だけでなく技術も要するためです。優良業者を探す際、修理に携わる担当者が資格を持っているかどうか確認することで、修理や工事が滞りなく進められることでしょう。

■まとめ
経験だけで工事ができることもありますが、万が一途中でトラブルが起きてしまったとき正しく対処できるのはやはり、専門的な技術だけでなく知識も必要になります。有資格者が在籍しているかどうかは優良業者を見極めるひとつのポイントになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ